株取引をもっと楽しむ - 株入門

基本を覚えて楽しく株取引!

銀行の定期預金利息よりはるかに高い利率の配当を受け取ることができたり、とってもお得で実用的な株主優待がもらえるのも株主だけの特典です。また、多額のお金を用意しなくても株取引は楽しめるんです。

マイナス金利時代の「配当」という選択

買った株の価格が上がったらそれを売って利益を出すのが株取引の基本ですが、配当を受け取ることを目的に株を購入するのも立派な投資戦略です。銘柄によっては銀行の利回りと比べものにならないぐらい高いものも多いからです。

マイナス金利のこの時代、銀行の定期預金利息は0.01%前後。しかし株の配当利回りは年利2%や3%以上の会社はザラにあります。高いものだと5%以上の銘柄もあります。

しかも、配当は株を長期間保有しなくても受けとることができます。株には各銘柄ごとに「権利確定日」という日が決まっていて、権利確定日を含む4営業日前に株を保有してさえいれば「配当」を受けることができるのです。

配当利回り3%と銀行定期預金の比較
株式投資   銀行定期預金
100万円 元金 100万円
3% 利回り/利息 0.01%
103万円
(+30,000)
1年後 100万100円
(+100)

利回り=1株あたりの配当金÷購入株価×100

配当利回りと銀行の利息は単純に比較できるものではありませんが。銀行に預けておくだけではなかなかお金が増えないのも事実。だから株式投資を始めたという人も多いのです。

お得で楽しい株主優待

もうひとつの楽しみが「株主優待」。各会社は多くの人に株主になってもらう目的や自社製品の宣伝なども兼ねて魅力的な株主優待を用意しています。すべての銘柄で株主優待が用意されているわけではありませんが、配当と同じく権利確定日を含む4営業日前に株を保有していればもらう権利があります

例えばハンバーガーチェーンではバーガー類やドリンク類の無料引換券。航空会社では航空券や提携ホテルの割引券。人気テーマパーク運営会社では1日パスポート。大手スーパーは「常に割引」。飲料メーカーならビールやジュースの詰め合わせ、などなど。

お得で楽しい株主優待

しかも、配当は株を長期間保有しなくても受けとることができます。株には各銘柄ごとに「権利確定日」という日が決まっていて、権利確定日を含む4営業日前に株を保有してさえいれば「配当」を受けることができるのです。

少額でも株取引は楽しめる!

株価とは1株の価格を表しますが、株には売買するための最低単位があって、それが10株単位の場合もあれば、100株単位、1,000株単位の株もあります。この単位を「単元」と呼びます。例えばA社の株が1株1,000円で、1単元が1,000株だったとしたら、最低100万円ないとA社の株は買えません。

しかし株には「単元未満株」というものがあって、証券会社がまとめて買った株を「バラ売り」してくれます。証券会社や銘柄によって呼び名(商品名)や購入できる株数は異なりますが、少額で購入できるので、単元未満株を複数銘柄保有することだってできます。株取引に慣れたいという方、少額資金で始めたいという方におすすめの取引方法です。

株価3,000円、1単元100株の場合
  単元株 単元未満株
株価 3,000円 3,000円
1単元 100 1株から
購入可能
購入必要額 30万円 3,000円
単元未満株なら、憧れの銘柄も気軽に購入できる!

IPOやNISAも大人気

すでに上場している株だけでなく「これから上場する株(新規公開株)」=「IPO」を買うことができるのも株取引の大きな魅力です。

上場直後に株価が大きく上昇することもありますし、安く買った株が将来とんでもない高額に大化けする可能性だってあります。これから何十年にもわたって配当や株主優待をもらい続けることだってできるかも知れません。夢は無限大です。

また、年間120万円までの投資枠で得た利益が非課税になる制度「NISA」や、未成年を対象とした「ジュニアNISA(年間80万円までの投資枠で得た利益が非課税)」も始まり、お子さんやお孫さんの教育資金づくりなどに役立てることができるようになりました。ますます幅が広がった株取引のいろんな楽しさを味わってください。

初めての株取引、ネット証券厳選3社はココ!

株入門

  • はじめての株取引

    株なんか全然わからないという方もこちらを読めば大丈夫。株とは何か、いつどこで誰が、どのくらい売買しているか見ていきましょう。

  • 取引の基本を知ろう

    株を取引するとはどういうことなのか、実際にやることを順番に見ていきます。基本はとてもシンプル。だから誰でも楽しめるんですね。

  • 知って楽しい株価のヒント

    株価がどう動くか、読み取るためのヒントがあります。そのヒントを分析する楽しさ、そして株価が予想通りに動いた時の達成感は格別です。

  • 株取引をもっと楽しむ

    よく耳にする「配当」や「株主優待」も株取引の大きな楽しみ。少額で買うことのできる株や税金の優遇、大人気のIPOなどもご紹介します。

  • 株取引はここで差がつく

    基本がわかったところで、実際にどの証券口座を選べばいいかというポイントを見ていきましょう。ここで大きな差がつくんです。

最新人気ランキング
>> 株始めるなら今!現役投資家が選んだ最新ネット証券人気ランキングはこちら

注目の特集