証券コラム

2017/08/11 マーケットコメント「土信田雅之の相場の視点」

地政学的リスク台頭の株価下落は押し目買いの好機なのか?

今週の国内株式市場ですが、国内企業決算を睨みつつ、日経平均株価は2万円を挟んだもみ合いが続くと想定されていたものの、米メディアによる「北朝鮮が核弾頭の小型化に成功した」と報じられたのをきっかけにした地政学的な警戒感が台頭し、9日(水)の国内株市場は大きく下落しました。

この日の日経平均株価は前日比で257円安となりましたが、この下落幅は偶然にも、先月に北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射実験に成功したと発表したのを受けて、日経平均株価が下げた7月4日の下落幅と同じです。

当時も地政学的リスクへの警戒が高まったものの、落ち着きを取り戻すのにさほど時間がかからず、相場が大きく崩れることはありませんでした。この例に従えば、具体的な軍事行動の気配が生じない限り、今回も同様相場展開になるという見方が多いのかもしれません。

もっとも、日経平均株価は2カ月以上も節目の2万円を挟んだ保ち合いが続き、膠着感が強まる中で、今回の北朝鮮動向が売りの口実された可能性があることや、週末はオプション取引・mini先物取引のSQが控えているため、少なくとも値動きが落ち着くのは来週以降になると思われます。

テクニカル分析面では、7月の下落局面において、日経平均株価は25日移動平均線がサポートとして機能し、以降もこの25日移動平均線を挟んだもみ合いが続く格好となりましたが、今回はすでに株価が25日移動平均線を下回っている状況で下落し、3カ月の値動きの中心線である75日移動平均線をも下回って取引を終えています。さらに、7月の下落以降の保ち合いを見ても、次第に日経平均株価が上値を切り下げており、下方向への意識が強まっています。早期に株価の下落が落ち着いても、戻りの勢いが限定的にとどまってしまうシナリオも濃厚ですので、今回の下落が押し目の好機になるかは微妙なところです。

ポイントになるのは、同じ主力株価指数であるTOPIXの動きです。こちらも9日(水)の取引で25日移動平均線を下抜けてしまいました。TOPIXは直近までこの25日移動平均線をサポートに年初来高値を更新してきたこともあり、早期に25日移動平均線に復帰できれば安心感が広がりそうです。

もっとも、北朝鮮の核ミサイル開発はステップアップを続けていますし、北朝鮮の挑発行動とそれに対する米国の反応もチキンレースのような様相になっています。着実に状況は悪化しつつあると考えるなら、今回の下落が落ち着いたとしても、引き続きリスク要因として燻り続けることになります。

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

現役投資家が選んだ最新人気ランキング! 現役投資家が選んだ最新人気ランキング!

注目の特集