証券コラム

2015/12/04 発見!有望銘柄のヒント

音や動き、新しい商標登録が続々43件!

5月15日にご紹介した「新しい商標」の登録が続々と認められています。

去る10月27日、特許庁は4月1日から出願を受け付けている「音」や「動き」など新しいタイプの商標登録について43件を認可したと発表しました。昨年改正された商標法によって、音、動き、位置、ホログラム、色彩に関する新しいタイプの商標が登録可能になり、これまでに1000件を超える商標について出願された順番に審査が進められているのです。

今回認可されたのは「音」が21件、「動き」が16件、「位置」が5件、「ホログラム」が1件の合計43件。どれもみなさんにおなじみのものばかりです。

「音」の商標をすでに欧米など諸外国では登録済みだという音商標の先駆け久光製薬【4530】の「♪ヒ サ ミ ツ」というあのハーモニーも今回日本での登録を認められました。音の商標ではほかにも

などなど誰もが口ずさめるものばかり。

また音の商標は上のように楽譜で表せるものだけではなく、たとえば伊藤園【2593】の「おーい、お茶」という人の声や、エステー【4951】の「ピヨピヨというひよこの鳴き声2回の後半にエステーという声が重なる」というものなども登録されました。

エステーについてはこの時の「ひよこの動き」も「動き」の商標に登録が認められています。ほかに「動き」の商標は前回ご紹介したワコール【3591】の「花のつぼみが回転しながらゆっくりと開きワコールの“W”を表すロゴになる」もの、そして灘の清酒、菊正宗【非上場】の「酒瓶を覆った紫色の風呂敷がはらりとほどける動き」も登録が認められました。

「位置」の商標ではやはり前回ご紹介したエドウィン(伊藤忠商事【8001】傘下)の「ジーンズの後ろの右ポケットの左側面に付いている赤タグの位置」が登録認可。そして「ホログラム」では三井住友カード(三井住友フィナンシャルグループ【8316】)が発行するVISAギフトカードに印刷されている「リボンのついた箱の絵」が登録を認められました。

企業や商品を特定できるサウンドロゴ、動き、色彩などが数多くある中、今回真っ先に登録出願されたものからは各社が大事にしているブランドイメージがわかるようで興味深いですね。新しい商標については今後も続報をお届けしようと思います!

現役投資家が選んだ最新人気ランキング! 現役投資家が選んだ最新人気ランキング!

注目の特集