証券コラム

2016/03/18 発見!有望銘柄のヒント

ケータイ会社の「ケータイ抜き」サービスが拡大中

最近、NTTドコモ【9437】のCMが目立ちます。と言ってもケータイやスマホのCMではなく「dポイントカード」のCMです。ぼんやり見ているだけだと「ドコモユーザーならお得なんだな」と思ってしまいそうですが、実はそうではありません。「ドコモユーザーじゃなくてもOK」なサービスなんです。

月額500円で120,000作品「dTV」

「ドコモユーザーじゃなくてもOK」というサービスといえばすでに「dTV」が提供されています。dTVというのは約120,000作品が見られる国内最大級の動画配信サービス。ドコモの回線を利用していなくても「dアカウント」を取得すれば誰でも利用することができます。

動画配信サービスなので、作品を借りにいったり返しにいったする必要がありません。1つの会員登録で5台までの端末を利用することができ、スマホ、テレビ、パソコン、タブレットなどを使っていつでもどこでも自分の都合のいい時間に見ることができます。

広がる「dポイント」

「dポイント」は「dポイントカード」を発行すれば誰でも貯められる・使えるポイントサービスです。こちらもdTV同様「dアカウント」を取得しさえすればドコモの回線を利用していなくても「dポイントクラブ」に入会することができます。

dポイントカードは入会金も年会費も無料。ローソン【2651】マクドナルド【2702】(※)、ドコモショップで配布しています。

ポイントを貯める・使うことができるのはローソン、マクドナルド(※)、タワーレコード、伊達の牛たん本舗、JAL【9201】ぐるなび【2440】、ショップジャパンなど街のお店やネットショップ。今後もイオンシネマ【8267】オリックスレンタカー【8591】スポーツクラブのルネサンス【2378】高島屋【8233】などで使えるようになる予定です。

さらにショッピング、ゲーム、本、旅行、音楽、ファッション、デリバリー、幼児教育、グルメなどなんでも揃うドコモの「dマーケット」でも貯まります。

また、系列のクレジットカード「dカードゴールド」「dカード」(旧DCMXをリニューアルしたもの)なら提携店舗の数もはるかに多く、クレジットカードや電子マネー「iD」での決済でdポイント付与率が数倍になったり割引もあるなど、お得度が格段にアップします。

「ケータイ抜き」のサービス拡充

以前ご紹介したようにau【9433】も電気、保険、さらにローンを販売することで「auWALLET経済圏」を築こうとサービスを拡充中です。携帯電話会社の「ケータイ抜き」戦線が熱くなってきました!

※ 現在は都内100店舗のみが対象

現役投資家が選んだ最新人気ランキング! 現役投資家が選んだ最新人気ランキング!

注目の特集