証券コラム

2016/04/01 発見!有望銘柄のヒント

消費税の軽減税率で出前やファーストフードはどうなる?

消費税率が予定通り2017年4月に10%に引き上げられるかどうかはともかく、「軽減税率」をめぐっては議論が続いています。

軽減税率とは大まかに言うと「酒類と外食を除く飲食料品を軽減税率の対象とし、税率を8%のままにする」ということです。

いま議論の焦点となっているのは「“外食を除く飲食料品”とはどこからどこまでなのか」ということ。この点に関して、国会で野党の議員がこんな質問をしました。

出前の方が安いのか

「そばをそば屋の店内で食べると税率10%だが、出前だと8%になる。食べるものも作る人も同じなのに、税率が違うのは合理的なのか」

これに対して財務省の主税局長は「出前は配達にあたる」、つまり「外食を除く飲食料品」なので「消費税率は8%が適当だ」と答弁しました。

その考え方に従うと「店へ行ってそばを食べるより、出前を頼んだほうが税込みの価格が安くなる」ことになります。だとすれば客側は「あえて出前にする」ことが考えられます。逆にお店側にしてみれば「出前の方が時間もコストもかかるのにもらえる金額が少ない」ことになってしまいます。

消費税の課税事業者だったら利益は税抜き部分だけが関係するので出前でもそうでなくてもメニュー自体の儲けは一緒ですが、出前には時間とコスト(バイクのガソリン代など)が余分にかかってしまいます。

さらに消費税課税事業者でない小規模な個人商店は税込み金額がそのまま儲けに直結するので「もらえる金額が少ない」のと「時間もコストもかかる」のダブルパンチ。もしかしたら出前をやめてしまう店が増えるかも知れない…これは大げさな話ではありません。

ファーストフード店の対応が煩雑化

「店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」

ファーストフード店でも「店内で食べるなら10%。持ち帰りなら8%」ということになります。しかし持ち帰ろうと思って買ったものを「やっぱりお店で食べていこう」と思い直した経験はみなさんにもあるのではないでしょうか。

もしもこれを客が「わざと」やったらどうなるでしょう?持ち帰りと言って8%で購入し、店内の席へ座って食べる…席数がたくさんある店、外にも席がある店だったら客は簡単にこれができます。

その場合、店の対応はどうでしょう?客が故意であるかどうかに関わらず「持ち帰りで買ったが席で食べた」ことに店側が気づいた場合、わざわざ「お客さま、お店で召し上がりの場合は10%いただくことになっております」とは言いにくいところです。

また、「レジ」の税率変更自体はすでに想定済みと言われていますが「複数税率の混在」をどこまで想定しているかとなるとわかりません。ともあれ店員の作業がひと手間増えるのは確実。客の対応にレジ操作、アルバイト店員の多いファーストフード店でこれにどこまで対応できるかは未知数です。

消費税率10%への引き上げ時期そのものがちょっと不透明になってきた感はありますが、各業界が軽減税率導入をどう利益に結びつけていくか、この点は早めの分析が肝心ですね!

現役投資家が選んだ最新人気ランキング! 現役投資家が選んだ最新人気ランキング!

注目の特集