証券コラム

2017/12/15 発見!有望銘柄のヒント

2018年1月から開始!「つみたてNISA」

来年2018年から新しい少額投資非課税制度「つみたてNISA」が始まります。

毎年の非課税投資枠の範囲内で得た利益や分配金に税金がかからないことはこれまでのNISAと同じ。それに対し、異なる点としては

  • 非課税投資枠は1年間に40万円
  • 非課税期間は最長20年(口座開設期間は2018年から2037年まで)
  • 対象商品は「投資信託やETF(一定の要件を備えたもの)」だけ

などが挙げられます。

「一定の要件」って何?

つみたてNISAで取引できるのは「定期的に」「継続して」買付ける(積立てる)もの。さらに購入・解約手数料、信託報酬について一定のパーセンテージを下回るなど、金融庁が設定した厳しい条件をクリアした投資信託・ETF(上場投資信託)だけとなっています。

これは投資信託全体のわずか2%にあたるわずか100本程度…などど細かい数字を挙げてもピンと来ないですよね、要するに「長期投資に向いているものだけ」「安心して取引できるものだけ」が対象になっています。その点で投資初心者の方にも向いていると言えるでしょう。

ただし「金融庁の審査をクリア」と言っても「金融庁が利益を保証する」ということではありません。他の投資商品と同じように元本割れの可能性もあることを知っておきましょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)との違い

「毎月積立」「税制に優遇がある」といえば「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を思い浮かべる方も多いことでしょう。

つみたてNISAの非課税投資枠は年に40万円。月割りにすると約33,000円です。それに対してiDeCoの枠は自営業者なら月に68,000円ですが、会社員は12,000円~23,000円、公務員は12,000円です。

ですから「税制の優遇がある積立型の資産運用をもっとしたいけど、iDeCoだけじゃ足りない」という会社員や公務員の方にはおすすめです。

また「iDeCoは60歳まで払い出しできない(積立期間が10年以上ないと60歳になっても引き出せない)のがちょっとね…」という方は、並行してつみたてNISAで資産運用するのもいいですね。

20年先のことだけど…

つみたてNISAの非課税期間は最長20年でとても長いですが、必ず20年持ち続けていた方がいいかというと、そうとも言えないのが投資の世界。

これまでのNISAとつみたてNISAは併用できません。またこの先つみたてNISAの対象商品は増えていくでしょうから、焦って投資対象を決める必要はありません。まずはどの証券会社で口座をつくるかじっくり吟味しておきましょう。

現役投資家が選んだ最新人気ランキング! 現役投資家が選んだ最新人気ランキング!

注目の特集