売却益・配当金等の税金0円NISAで始める株取引!通常20.315%かかる税金が「NISA」なら非課税に!

NISA厳選人気ランキング
>> NISA口座開設者が選ぶ!いま一番おすすめの証券会社はここだ!

NISAって何?

NISAとは少額投資非課税制度のことで、わかりやすく言うと株式や投資信託などの売却益や配当金が非課税になる制度です。非課税投資枠は年間120万円で2023年まで毎年付与されます。

購入した商品に対する売却益や配当金は最長5年間非課税になります。通常口座で取引した場合、売却益や配当金に対して20.315%の税金がかかることを考えればNISAはお得な制度ということがわかります。

右の表は、80万円で購入した株が70万円値上がりして150万円になったところで売却した場合の「NISAで取引したケース」と「通常口座で取引したケース」を比較したものです。

NISA口座で購入した場合は売却益に対して非課税なので70万円まるまる儲けになります。一方の通常口座の場合は売却益に対して20.315%の税金がかかるので、儲けは55万7,800円です。2つの口座では儲けが15万円近くも違います

NISA取引を始めるにはNISAを取り扱っている証券会社の総合口座が必要になります。総合口座の申し込み時にNISAの口座も同時に申し込むことができます。

NISAとは「売却益」や「配当金」が非課税!80万円で株を購入150万円で売却した場合

NEW!2018年1月、少額投資非課税制度第3弾「積立NISA」スタート!

教えて!!財津博士

NISAの勘違いしやすい部分と対処方法じゃ。
この先、考えられるケースだから覚えておいて損はないぞ!

NISA口座で100万円の株を購入したが60万円まで株価が下落。

そして非課税期間終了時に通常口座に60万円の株を移管しました。その後、株価が90万円まで戻ったので売却しました。100万円で購入した株を90万円で売却したので10万円の損失のつもりでいましたが、30万円の儲けと言われ課税対象になりました。いったいどういうことなのでしょうか?

ポイントをまとめると

  1. NISAで100万円の株を購入
  2. 非課税期間終了時の株価は60万円
  3. そのまま通常口座に60万円の株を移管
  4. その後、株価は90万円に上昇したので売却
  5. 100万円で購入、90万円で売却
  6. 10万円の損失のつもりでいた
  7. 30万円の利益と言われ課税対象になった
NISAから通常口座へ移管

NISA口座から通常口座に株(60万円)を移管した時点で通常口座を使って60万円で株を購入したのと同じ扱いになるのじゃ。
つまり、移管した時点でNISAでの取引はなかったものと考える、と言ったらわかりやすいかな。
ちょっと納得いかないかもしれんが、10万円の損失ではなく30万円の儲けという扱いになるため、課税されるのじゃ。

なんか損してるみたい。。。いい方法はないの~?

NISAで持ち続ける

実はロールオーバーと言って、次年度の新しい非課税投資枠を使ってその株をNISA口座で持ち続けることができるもう少ししたら株価が上がりそうだなんてときには有効かも知れんな。

ロールオーバー
  1. 非課税期間終了後もさらに5年間NISAで所有できる
  2. その場合、次年度付与される新しい非課税枠を使う
  3. 120万円分まで可能。超える分は通常口座に移管
NISA制度全般イメージとロールオーバー

松井証券ならNISA口座は買付時も売却時も口座維持費用もぜんぶ無料!

  • 松井証券ならNISAもジュニアNISAも手数料はずっと無料!
  • 現行制度が続く限り、買付・売却の手数料が無料!
  • もちろん口座の維持費用も無料!とにかく無料尽くし!
  • サポート体制もQ&Aからフリーコールまで万全です。
住民票取得代行 ジュニアNISA IPO 投資信託 単元未満株
- -
国内株式 海外株式 国内ETF 海外ETF 国内REIT
- -

NISA厳選人気ランキング
>> NISA口座開設者が選ぶ!いま一番おすすめの証券会社はここだ!

NISAと通常口座の違いと商品選びのポイント

まずNISA口座を開く場合、銀行ではなくネット証券会社で口座を開くことをおすすめします。それは銀行に比べてネット証券会社は投資可能な商品が多く、手数料も安いからです。

「お得」と言われているNISA口座、では通常口座とどう違うのでしょうか。NISA口座はメリットがとても大きいのですが当然いいことばかりではありません。それらをよく理解した上で投資を始める必要があります。

NISAの最大のメリットは売却益や配当金に税金が一切かからないということです。通常口座では利益に対して20.315%が課税されますから、税金のかからないNISAはかなりお得です。しかしその一方で損失が出てしまった場合は注意が必要です。

通常口座(特定口座や一般口座)では損失が発生した場合、損益の通算や3年間の損失の繰越が可能です。しかしNISA口座の場合は損失が発生してもNISA以外の口座との損益の通算や損失の繰越もできません。

どんな商品に投資するかも重要!

NISA口座を開いたらいよいよ取引を開始します。投資の目的によっても変わってきますが、一般的にNISAでの投資には株式や投資信託が向いていると言われています。

株式投資では配当金も非課税で受け取ることができるというメリットがあります。保有する期間によっては数回配当金を非課税で受け取ることができるので大きなメリットになります。

投資信託は1万円程度の少額から投資できる商品も多く、非課税投資枠を無駄なく使うことができるというメリットがあります。

一方でNISAはデイトレードのような短期の売買には不向きと言えます。一度使用したNISA枠はたとえ売却したとしても元には戻らないので、投資商品にかかわらず長く保有できるものを選ぶことも大切です。

NISA口座・ネット証券/銀行比較
  ネット証券 銀行
株式(国内株・外国株) ×
投資信託 ×
ETF(上場投資信託)
REIT(不動産投資信託) ×
手数料 安い 高い

※ネット証券、銀行によって投資対象商品は異なります。

NISA口座と通常口座(一般口座・特定口座)を比較
  NISA口座 通常口座(特定/一般)
投資額 制限あり(120万円/年) 制限なし
利益 非課税 20.315%
損失 通常口座の利益と損益通算が
できない
確定申告で損益通算ができる
3年間損失の繰越しができる
株?投資信託?NISAの投資はどっちがお得?
メリット 配当金も非課税で受け取ることができる
デメリット 枠の再利用ができないため短期売買に不向き
投資信託 メリット 少額投資可能。非課税枠も無駄なく使える
デメリット 種類が多く、NISAに向き不向きがある

2018年1月、積立NISAスタート!

金融庁は少額投資非課税制度の第3弾として、2018年1月から『積立NISA』が始まることを発表しました。

現行のNISAは年間120万円の非課税投資枠、非課税期間は5年ですが、積立NISAは非課税投資枠が年間40万円に抑えられています。非課税投資枠を現行NISAの1/3に抑える代わりに非課税期間は20年とかなり長いのが特徴です。

投資対象商品は長期の積み立てや分散投資に適した金融商品に限定する方針で、現段階では現行のNISAとの併用はできません。投資家はどちらか1つを選択することになりそうです。

2014年の1月に始まったNISAは2016年6月末現在1,030万口座。年々増えてはいるものの、稼働率はまだ50%以下。とくに20歳代、30歳代の若い世代のNISA利用者は少なく、全体の15%にも満たない状況です。

ですからこの積立NISAには若い世代の投資を拡大させる狙いと、個人投資家に長期の資産形成を促す狙いがあります。

NISA口座と積立NISA口座を比較
NISA   積立NISA
2014年1月 制度開始 2018年1月予定
20歳以上 年齢 20歳以上
120万円 年間投資上限 40万円
2023年(平成35年)まで 投資期間 2037年(平成49年)まで
投資した年から最長5年 非課税期間 投資した年から最長20年
可能 金融機関変更 未定
口座名義人 資産管理 口座名義人
なし 払い出し制限 なし

カブドットコム証券のNISAは単元未満株も買える!「NISA割」も!

  • カブコムなら単元未満株(プチ株)もNISAで購入可能!
  • 電話注文によるNISA買付手数料も無料!NISA専用ダイヤルで対応!
  • NISA口座を持っていれば通常の現物株式の手数料が最大5%割引!
  • 初心者でも始めやすい格安の手数料は90円~(税抜)
住民票取得代行 ジュニアNISA IPO 投資信託 単元未満株
国内株式 海外株式 国内ETF 海外ETF 国内REIT
- -

NISAのまとめ

2014年1月にスタートしたNISAは、株式や投資信託で得た利益(売却益や配当金等)に対して税金がかからないという制度です。

通常口座の取引では売却益や配当金に対して20.315%の税金がかかるところがNISA口座での取引では非課税なのですから、とてもお得です。

NISAは1年に120万円ずつの非課税枠が付与されます。最大600万円の投資額に対して最長5年間非課税になります。2016年にスタートしたジュニアNISAは年間80万円の非課税枠が2023年まで毎年付与されます。上手にNISAを使うことによって、かなり効率のよい投資ができそうです。

「売却益」や「配当金」が非課税!
どれだけ利益が出ても非課税のNISAは必須
  • 非課税枠は年間120万円!
  • ジュニアNISAの非課税枠は年間80万円!
  • NISAを利用するには証券会社の総合口座が必要
  • NISA口座は総合口座と同時に申し込める
  • 2018年1月、「積立NISA」スタート!
NISA特集

今、注目のネット証券会社を徹底比較!

  NISA口座の売買手数料(税抜): 住民票
取得代行
ジュニア
NISA
IPO 投資
信託
単元
未満株
 
10万円 20万円 30万円 50万円 100万円


松井証券

0円 0円 0円 0円 0円 - -

公式サイトへ

口コミ・詳細


カブドットコム証券

0円 0円 0円 0円 0円

公式サイトへ

口コミ・詳細


GMOクリック証券

0円 0円 0円 0円 0円 - - -

公式サイトへ

口コミ・詳細


SBI証券

0円 0円 0円 0円 0円

公式サイトへ

口コミ・詳細


ライブスター証券

80円 97円 180円 180円 340円 - -

公式サイトへ

口コミ・詳細


楽天証券

0円 0円 0円 0円 0円 - - -

公式サイトへ

口コミ・詳細


岡三オンライン証券

99円 200円 350円 350円 600円 -

公式サイトへ

口コミ・詳細


マネックス証券

0円 0円 0円 0円 0円

公式サイトへ

口コミ・詳細

NISA厳選人気ランキング
>> NISA口座開設者が選ぶ!いま一番おすすめの証券会社はここだ!

注目の特集