財津博士の部屋 しくみがわかれば、怖いものなし!

  • 巷ではちっとも噂になることのない金融博士。株について日々研究しており、誰も知らないような賢い利用方法はないものかと日夜研究に努めている。若いころはいろいろと苦労もしたらしい...。
  • まだまだ株についてはよくわからないけれど、財津博士の助手として猛勉強中。コツコツ計画的にをモットーにしており、意外と堅実派。でも、キラキラ光るものにはちょっとだけ弱かったり。

株の基本は配当金

小金井さん
「突然ですが、博士はどうして株投資を行おうと思ったんですか?」
財津博士
「そうじゃのう~。あれは遠い昔のことじゃったぁ~。まだ若かりし頃、マネーが欲しかったんじゃ~。純白のメルセデス、プール付きのマンション・・・でも、それはみんなブラウン管の中にあったんじゃ・・・」
小金井さん
「はい、わかりました。現実に戻りましょう。」
財津博士
「うむ。そうじゃった・・・。」
財津博士
「それでじゃな。いろいろな成功と失敗を重ね、株投資は会社を応援するために投資をするのが一番じゃとわかったんじゃ。」
小金井さん
「えっ?株で儲けるために投資をするんじゃないんですか?」
財津博士
「儲けるのは良いんじゃが、やみくもに安い株を買って株価が上がったときに売るというやり方とは、ちょっと違うんじゃな。」
小金井さん
「でも、安い時に買って株価が上がったときに売れば儲けられますよね?」
財津博士
「儲けることが悪いんじゃない。儲けられる人は十分に儲ければ良い。だが、その気持ちだけでは長い目でみてうまくいかんのじゃよ。」
財津博士
「株投資とは、ある会社の株を買うことじゃった。株を買うということは、その企業に投資することなんじゃが、投資する、つまりお金を出すというのは、その企業の業績が伸びるようにお金の面から応援することなんじゃな。」
小金井さん
「株を買う時そんなこと考えたこともなかったです。第一、その会社のことはそんなに詳しくないですし・・・。」
財津博士
「そこなんじゃよ。確かに株を売って儲けることが悪いとは言わない。ただ基本を知って欲しいだけなんじゃ。会社を応援して出資する。そして会社の業績が伸びれば配当金をもらい、一緒に喜ぶ。これが株投資の基本じゃ。」
小金井さん
「でも、それでは儲けが少ないような気が・・・」
財津博士
「何を言っとる。配当金の利回りはバカに出来ないくらい良いのじゃぞ。」
小金井さん
「えっ?そうなんですか?」
財津博士
「そうじゃとも。配当利回りが3%以上なんてザラにある。中には10%以上の配当利回りを持った株もあるのじゃ。それらの株を買ったら、売らずに持っておくことで、高利回りの運用ができるようになるのじゃ。今、お金を銀行に預けておいても微々たる利息しか付かないじゃろう。だが、そのお金を株に投資すれば、それなりにお金は増えていくのじゃよ。株投資は、長く保持してその会社を応援していくんじゃ。その会社が好きだから株を長く保有できると言えるのじゃがな。そして、そのお礼に配当金を受け取れるのじゃ。これが株投資の基本だと覚えておいて欲しいんじゃよ。それが後々生きてくるのじゃからな」
小金井さん
「はい。博士が経験で学んだことですから肝に銘じます。ありがとうございます」

現役投資家が選んだ最新人気ランキング! 現役投資家が選んだ最新人気ランキング!

注目の特集